40代女性が美しく・かわいく生きていくための情報を発信しています。

きれい40ty

介護脱毛、40代女性の間でブームのワケ

介護脱毛~40代女性の間でブームの介護脱毛のメリット・デメリットやおすすめ医療と美容

更新日:

介護脱毛が今40代女性の間でブームとなっています。

新常識となりつつある介護脱毛のメリットやデメリット、どこまでするべきなのかなど、介護脱毛についてご紹介していきます。

きれい40ty
介護脱毛に関する疑問・質問、体験談などを、ぜひコメントに残してください。

介護脱毛とは!?40代女性の間で人気のワケ

介護脱毛とは?

介護脱毛とは?40代女性が増えているワケは?

最近話題の「介護脱毛」

今どきの新常識となりつつありますが、この介護脱毛とは何なのか?

 

介護脱毛とは?

介護脱毛とは、将来誰かに介護を受ける事に備えて、エチケットとしてムダ毛を処理する事です。

デリケートゾーンのムダ毛が長かったり、多いとと排泄時に不衛生になります。

様々な肌トラブルを招く可能性があるので先にデリケートゾーンのムダ毛を脱毛して備えておくことです。

 

なぜ40代女性の間で介護脱毛を受ける人が増えているのか?

  • 在宅で親の介護を経験
  • 周りの人から介護の大変さを聞いた
  • 介護の現場を見た

などの理由から、介護者に不快な思いをさせたくないと考え、40代女性の間で介護脱毛が増えています。

 

今すぐ、介護脱毛におすすめの美容サロン・クリニックをチェックしたい方はこちら。

こちら

 

医療クリニックの「リゼクリニック」が介護と脱毛に関するアンケートを取り調べています。

その調べによると、介護する側として大きな負担で、スムーズな介護を妨げそうなことに「局部のムダ毛」が60%以上

介護の妨げになりそうなこと

 

介護される側として脱毛をすると楽だろうと考えるのがやはりデリケート部分が多いという調査結果になっています。

脱毛をしておいた方が良い部位

 

この結果を裏付けるように、リゼクリニックは2010年から2018年にかけて、45歳以上の男女数は15.06倍と右肩上がりに伸びているのだそうです。

介護脱毛を受ける男女が増えてきています

参考: リゼクリニック

 

介護脱毛とは、介護者に対する思いやり、そして汚いと思われたくない気持ちから増えてきているようです。

きれい40ty
次のセクションでは介護脱毛のメリットとデメリットをご紹介します。

介護脱毛のメリット

介護脱毛のメリット

介護脱毛のメリットを紹介します

40代女性の間で希望する人が増え続けている介護脱毛のメリットをご紹介します。

介護脱毛のメリット

  • 介護を受ける時、介護者の負担を減らす事ができる
  • デリケートゾーンを清潔に保てる
  • 介護を受ける、人に見られる時に恥ずかしくない

 

介護脱毛のメリット~介護者の負担を減らせる

介護をする際、一番大変なのは排泄の介助

おむつで排泄の場合、そのたびに綺麗にする必要があります。

大人で体重もあり、ムダ毛も多いと絡みついてたりするため、何度も洗ったり拭いたりしないとキレイになりません。

その行為も介護される人のお肌の負担となり、炎症などトラブルともなりかねません。

剃るにしても肌を傷つける可能性もあります。

このようなリスクを防ぎ、介護してくれる人の負担を軽くするのに介護脱毛は大きなメリットとなります。

 

介護脱毛のメリット~デリケートゾーンをキレイに保てる

排泄介助は、洗ったり拭き取りをするのは時間がかかります。

細かい部分まできれいにできないと、不潔な状態となり、匂いも気になり、肌トラブルを起こしやすくなります。

デリケートゾーンにムダ毛がなければ、毛が絡む事もなく、ふき取り回数も少なくすみます。

またムダ毛が多い事による蒸れも防ぐ事ができます。

 

美意識の高い40代女性は介護脱毛をはじめ、デリケートゾーンのケアをしっかり行っています。

最近プーンと臭う、黒ずんでいると悩んでいる方は、下の記事も参考にケアを始めてください。

↓↓↓

40代女性のデリケートゾーンケア方法!あそこのニオイは膣トレで解消!

介護脱毛をすればメリットもありますし、さらにケアをする事で清潔に臭いレスで周りに迷惑をかけなくて済みますよ。

 

介護脱毛のメリット~人に見られてもはずかしくない

排泄だけでなく、お風呂に入れてもらう事もあります。

デリケートゾーンを介護する人だけでなく、他の人も見る可能性もあります。

その際、介護脱毛をしておけば見られて恥ずかしい!と思う事がなくなります。

 

その他、40代女性が今、介護脱毛をするメリットとして次のような事も挙げられます。

  • 自己処理が楽になる
  • 顔脱毛をするとワントーン明るくなり、若々しく見られる

 

きれい40ty
次は介護脱毛のデメリットをご紹介します。

介護脱毛のデメリット

介護脱毛のデメリット

介護脱毛のデメリットを紹介します

介護脱毛はメリットの方が大きそうですが、デメリットがあるのか調べました?

介護脱毛のデメリット

  • 時間とお金がかかる
  • 痛みが伴う
  • 元に戻せない
  • 恥ずかしい

 

介護脱毛のデメリット~時間とお金がかかる

介護脱毛は美容か医療どちらかで受ける事になりますが、その際、そこに通う時間と料金がかかります。

40代は教育費、ローンなど何かとお金が必要な年代かと思います。

若い時に脱毛を考えていたけど、「高い」イメージがあるかもしれません。

各美容脱毛、医療クリニック、料金の設定は変わりますが、今はとてもリーズナブルになってます。

例えば、リゼクリニックのVIO5回セットは10万以下で受ける事ができます。

 

介護脱毛のデメリット~痛みが伴う

最近の脱毛技術の進歩で、痛みが少ない、ほぼ無痛が実現できています。

ですが、VIOは非常に敏感なため、どうしても痛みが伴います。

特に医療脱毛は半永久にムダ毛がなくなり、美容よりも強い脱毛器を使っているので「痛い」です。

 

介護脱毛のデメリット~元に戻せない

美容の場合は、数年するとまた毛が生えてくることもありますが、医療脱毛の場合は半永久のため一度するともとには戻せません。

介護を考えるとデリケートゾーンはしてしまった方が良いのですが、温泉など他の人に見られるようなシーンで、毛がないのをじろじろ見られたり、聞かれたりすることもあるかもしれません。

 

介護脱毛のデメリット~恥ずかしい

施術を受ける際、デリケートゾーンの施術を行うのは20代ほどの女性です。

そのような女性達にデリケートゾーンを見られるのが恥ずかしい、若い子に交じって美容サロン、医療クリニックに通うのが恥ずかしいという気持ちもあるようです。

 

きれい40ty
介護脱毛はデメリットもありますが、将来的な事を考えるとやはりメリットの方が大きいと思います。

下のセクションでは介護脱毛はどこまでするのか、範囲をお伝えします。

介護脱毛はどこまでやっておいた方が良い!?

介護脱毛はどこまでやっておく必要がある?

介護脱毛はどこまで必要?

いざ介護脱毛を受けよう!と思ったけど、介護脱毛はどこまでやっておいた方が良いんだろう?範囲が気になる方もいると思います。

 

上のセクションのアンケート調査結果から見るように、介護脱毛はどこまでするかというと、デリケートゾーン、VIO部分は必須ですね。

全く毛をなくすのか、多少残すのかも迷う所かもしれませんが、IラインとOラインはツルツルにしておく事をおすすめします。

VラインIラインOライン
VラインIラインOライン

Vラインくらいは残しておこうと思うかもしれませんが、ここは蒸れや臭いの原因となります。

全く毛がないのは…と思う方は、デザインを決めて自分の好きな形にする事ができます。

 

そしてもう1か所、介護脱毛をどこまでするか、受けておいた方が良い部分は脇です。

脇もムダ毛で蒸れたりで臭いの原因にもなります。

ポイント

介護脱毛をどこまでするかはVIOは必須ですが、お金と時間に余裕がある方は全身する事をおすすめします。

メリットの所でお伝えしたのですが、40代でも全身脱毛をすれば、自己処理が楽になり、顔も行えば肌トーンが明るくなり若々しく見られる事もあります。

 

介護脱毛をどこまでするかは最低限はVIO、次にVIO+脇。 できるなら全身がおすすめです。

下の記事では、全身・部分・VIO脱毛のメリット・デメリットをまとめているので、こちらも参考にしてみてください。

↓↓↓

40代女性の大人脱毛事情!アラフォーが脱毛すべきは全身・部分・VIO(デリケートゾーン)?

きれい40ty
介護脱毛をどこまでするかも大切ですが、美容か医療、どちらを選ぶかによって通う期間、費用なども変わってきます。

介護脱毛~医療脱毛クリニックおすすめ3選

介護脱毛におすすめ医療クリニックを3つご紹介します。

介護脱毛におすすめの医療脱毛クリニック

医療脱毛は痛い・料金が高いイメージがありますが、最近の脱毛機器は痛みが少なくなってきており、料金もリーズナブルになってきているので、介護脱毛には医療はおすすめです。

 

アリシアクリニック

40代女性の介護脱毛、医療クリニックのおすすすめ1つ目はアリシアクリニックです。

アリシアクリニック

今すぐキャンペーン予約する

→ こちら

 

医療といえばアリシアクリニック。

40代女性の介護脱毛に必要なVIOは5回セットが157,500円、脇5回セットが32,000円です。

アリシアクリニックのVIO範囲

アリシアクリニックではVIO付きの全身プランもあり、5回だと377,140円、月額にすると8100円で受けられます。

医療ですから、美容のように数年経ったらまた生えてくる心配がほぼないので、全身する事をおすすめします。

 

公式:  https://www.aletheia-clinic.com/

 

リゼクリニック

40代女性の介護脱毛、医療クリニックのおすすめ2つ目はリゼクリニックです。

リゼクリニック

今すぐキャンペーン予約する

→ こちら

 

リゼクリニックでは、40代女性が介護脱毛で必要なVIOが5回で99800円(月額4400円)、脇が5回で19800円で受けられます。

特定の医院限定で、VIOは49800円、脇は4900円、それぞれ5回のトライアルというお得なコースもあります。

リゼクリニックの脱毛範囲

全身5回コースも298,000円(月額13000円)で受けられるので、完全に自己処理から解放されたい方にはおすすめです。

3種類の医療レーザー機器を使い分けて効率よくVIO・脇などのムダ毛をなくしていく事ができます。

 

公式:  https://www.rizeclinic.com/

 

レジーナクリニック

40代女性の介護脱毛、医療クリニックでおすすめ3つ目はレジーナクリニックです。

レジーナクリニック

レジーナクリニックでは、40代女性が介護脱毛で必要なVIOが5回84000円、脇が5回で12000円で受ける事ができます。

レジーナクリニックは、薬事承認を得た脱毛機器を使っているのが特徴です。

レジーナクリニックの脱毛範囲

レジーナクリニックは顔も含めて全身5回が189,000円(月々6300円)と医療としてはリーズナブルな料金で受けられます。

予約も取りやすく最短8ヶ月で完了するので、この際、介護脱毛としてだけではなく自己処理から解放されたい方は無料カウンセリングを予約してみてください。

 

公式:  https://reginaclinic.jp/

 

きれい40ty
40代女性の介護脱毛、医療クリニックのおすすめを3つご紹介しました。

最近は美容よりも半永久的にムダ毛がなくなる医療脱毛が人気です。

昔はVIOだけ、脇だけなど部分で受ける方が多かったのですが、今は全身をする方が多いのが特徴です。

医療も美容と変わりがないくらいに料金がリーズナブルになってきているので、確実にムダ毛をなくすのであれば介護脱毛に医療がおすすめです。

介護脱毛~美容脱毛おすすめ6選

介護脱毛におすすめの美容脱毛を5つご紹介します。

介護脱毛におすすめの美容脱毛サロン

40代女性が介護脱毛を受けるのにおすすめの美容脱毛サロンを5つご紹介します。

ストラッシュ

40代女性の介護脱毛、美容サロンおすすめ1つ目はストラッシュです。

ストラッシュの画像

ストラッシュは、メラニン色素に反応する脱毛方法ではなく、SHR脱毛という最新理論の蓄熱式を採用しているので白髪や産毛も可能です。

ストラッシュでは、全身だと月額とパック制がありますが、VIO(プラス、脇)の場合はSパーツの組み合わせとなります。

ストラッシュの脱毛パーツ

 

ストラッシュは全身が月額7980円、6回パックだと95760円ととてもリーズナブルなので、全身を受ける事をおすすめします。

部分だけで良い場合は上記の組み合わせで脱毛を受けたい事を無料カウンセリングでスタッフさんに伝えてください。

 

公式: https://stlassh.com/

 

銀座カラー

40代女性の介護脱毛、美容サロンおすすめ2つ目は銀座カラーです。

銀座カラー

銀座カラーは老舗の信頼感もあり、多くの方が選ばれる人気の美容サロンの一つですから40代の女性が介護脱毛にも通いやすいと思います。

公式サイトには全身のプランしか載っていないのですが、プランが豊富なので無料カウンセリングを受けて、VIO(プラス、脇)の脱毛を受けたいと伝えてください。

銀座カラーの脱毛箇所

顔もVIOも含む全身の6回コースが、月額が9300円とリーズナブルなので、介護脱毛というだけでなく、美容として施術を受けるのであれば、全身がおすすめです。

お誕生日の月だと2000円割引というキャンペーンも使えるので、お誕生日月に無料カウンセリングに行かれることをおすすめします。

 

公式:   https://ginza-calla.jp/

 

ミュゼ

40代女性の介護脱毛、美容サロンおすすめ3つ目はミュゼです。

ミュゼプラチナム

ミュゼといえば100円脱毛。40代女性の介護脱毛で必要なVIOとワキが100円で受けられます。

ミュゼは美容サロンの中でも圧倒的に店舗数が多いので、ご自分の通いやすい場所に見つけやすいのが特徴です。

ミュゼの脱毛箇所

ミュゼはプランが豊富なので介護脱毛で必要なVIOと脇以外も施術したいという方におすすめです。

100円脱毛はウェブ予約限定ですので、上の画像、または下の公式サイトのリンクをクリックして無料カウンセリングの予約をしてください。

 

公式:  https://musee-pla.com/

脱毛ラボ

40代女性の介護脱毛、美容サロンおすすめ4つ目は、脱毛ラボです。

脱毛ラボ

脱毛ラボでは、VIOとワキは1回単発プランで受ける事ができます。

VIOはMパーツで1回3000円、脇はSパーツで1回2000円です。好きな回数を設定して通う事ができます。

脱毛ラボの脱毛箇所

脱毛ラボはプランも豊富、店舗数も多いです。

しかも全身脱毛はとてもリーズナブルで15ヶ月無料といったキャンペーンを常に実施しているので、介護脱毛だけでなく美容としても受けたい場合は、全身をおすすめします。

 

公式:  https://datsumo-labo.jp/

シースリー

40代女性の介護脱毛、美容サロンおすすめ5つ目は、シースリーです。

シースリー

 

シースリーでは40代女性の介護脱毛に必要なVIOと脇のみといった部分はできません。

全身脱毛専門で、保証が付くのが特徴の美容サロンです。

シースリーの脱毛範囲

シースリーで介護脱毛を受けるのであれば、全身を契約する必要があります

VIOと脇の介護脱毛だけでなく、全身脱毛をして自己処理を楽にする!という方は、シースリーで無料カウンセリングを受けてみてください。

 

公式:  https://c-3-esthe.com/

キレイモ

40代女性の介護脱毛、美容サロンおすすめ6つ目は、キレイモです。

キレイモ

 

キレイモも、40代女性が介護脱毛で必要なVIOと脇だけの部分はできません。

全身脱毛を契約する必要があります。

キレイモの全身脱毛は顔も含まれるのですが、希望に合わせてシミ・くすみの改善が期待できるフォトフェイシャルに変更する事もできます。

 

公式:  https://kireimo.jp/

 

きれい40ty
40代女性の介護脱毛、美容サロンでおすすめを6つご紹介しました。

無料カウンセリングは1か所だけではなく何か所か受けて、自分に合うか合わないかを見る事をおすすめします。

介護脱毛の口コミ~何をきっかけに始めたのか

介護脱毛の口コミを紹介します。

介護脱毛の口コミ、始めたきっかけ

ここでは介護脱毛の口コミを、実際に通っている方などから何をきっかけに始めたのかなどをご紹介します。

 

介護脱毛の口コミ 48才女性

寝たきりの親を介護を経験。

おむつの取り換えの時、キレイにはするのですが、やはり残ってしまうようで、塊を見つける事も…。

どうしてもふき取れない時は、カットするなどしていました。

もし自分が介護される立場なら、迷惑はかけたくないと思い、介護脱毛をすることにしました。

 

介護脱毛の口コミ 42才女性

介護士をしています。

訪問で日常生活の介助が必要な方の家に行ってお手伝いをしていまが、体毛の多い方はやはり大変です。

恥ずかしがって拭かせてくれない方もいるので、清潔を保てず、炎症を起こすこともあります。

脱毛をしていれば、拭く回数も減り、清潔に保てます。

今の経験から、自分はデリケートゾーンだけでもきれいにしておこうと脱毛を決めました。

 

介護脱毛の口コミ 45歳才女性

介護施設に入ったおばを訪問した時、スタッフさん達が身体を拭く場面を見ていました。

その時、あ!介護されてるとこんなところまでしてもらう必要があるんだ!と気づきました。

若い時に脇だけはしていたのですが、すでに生えてきている事もあり、この際だから全身をしようと思い、医療で今脱毛しています。

 

介護脱毛の口コミ 40才女性

主人のお母様の介護をしていた、兄嫁からいろいろ苦労話を聞きました。

彼女はその経験から、脱毛する事を決め、やっておいた方がいいよと言われたので、私もVIOだけ始めました。

 

介護脱毛の口コミ 46歳才女性

親が入院した時、看護師さん達が排泄物、お風呂の世話をしてくださるのを見ていて、自分が恥ずかしいと思った事がきっかけです。

お世話してくださる方の負担にならないように、今のうちに脱毛をしておこうと美容脱毛を受けています。

 

きれい40ty
介護脱毛の口コミによると、それぞれきっかけがありますが、やはり「介護してくれる人の負担を減らしたい」という思いは一緒ですね。

介護脱毛は保険適用になる!?

介護脱毛は保険適用になるのか調べました。

介護脱毛は保険適用になるの?

介護脱毛は、美容か医療を受ける事になります。

医療だったら介護脱毛も保険適用になるんじゃないか?と思われるかもしれません。

基本的に、介護脱毛は保険適用にはなりません。

 

保険適用となるケースとしては多毛症の場合です。

レーザー脱毛によるその症状の治療も介護脱毛と同じく保険適用外となる事がほとんどです。

きれい40ty
介護脱毛は保険適用になりませんが、レーザー脱毛をする医療脱毛クリニックのカウンセリングに保険証を持っていけば身分証の代わりとなります。

介護脱毛は白髪が混じる前にするべき!?

介護脱毛は白髪が混じる前までにした方が良い?

介護脱毛は白髪が混じる前に始めるべきなのか

美容・医療脱毛の脱毛機器は、一般的にメラニン色素(黒い色素細胞)に反応するものが大半です。

アンダーヘアーにも白髪はできます。

という事は、介護脱毛は白髪が増える前に行った方が良いという事になります。

 

年齢を重ねるにつれ、アンダーヘアーは白髪交じりになります。

ポイント

40代であれば、まだ黒々としたアンダーヘアーの人が多いと思うので、介護脱毛を白髪が増える前に始めるギリのラインです。

 

一番処理をしておきたいVIO部分に白髪が多いと、せっかく脱毛をしても効果がありません。

自分のアンダーヘアーを良く見てください。まだ黒い方が多いなら今がチャンスです。

介護脱毛は白髪が増える前に始める事を強くおすすめします。

 

今は、脱毛マシンの性能もアップしてるので、介護脱毛は白髪が混じる前に!など慌てる必要もなくなってきていますが、その脱毛が行えるサロン・医療は限られます。

 

介護脱毛を白髪交じりでも問題なく行える美容・医療脱毛はニードルもしくは蓄熱式(SHR方式)です。

ニードル方式はムダ毛の1本1本にハリを差し込む方式で、かなりの痛みを伴います。

蓄熱式はバルジ領域にある毛の元にダメージを与えて施術する方式です。

この方式ができる脱毛機器を取り入れている脱毛サロンはストラッシュですね。

 

きれい40ty
介護脱毛は白髪が増える前に始める事を強くおすすめします。

介護脱毛~NHKでも紹介されていた!?

介護脱毛はNHKでも特集されました。

介護脱毛はNHKでも特集されていた?

NHKの「クローズアップ現代」という番組で、「介護のあの悩みを解決!ケアの最新ノウハウ」という特集がされていました。

あの悩みというのが「排泄のケア」。

 

元おニャン子クラブでタレントの新田恵利さん(49)は母親(88)の介護を続けている。特に悩んだのが排せつケア。汚れた衣服の処理や、恥ずかしさで涙を流す母親の姿に戸惑う日々…。介護する側にも、される側にも大きな負担となっている排せつの介護。国の調査では、介護経験者の6割以上が「排せつの介護が負担」と答え、最多となっている。

参照: クローズアップ現代

 

直接的に介護脱毛をNHKが特集していたわけではないのですが、介護する上で6割以上の方が「排泄」が負担と感じています。

介護脱毛がNHKで特集されていました

 

NHKの番組中、最新ハイテク機器を使用して排泄が楽になるなど、いろんな方法が開発はされているようですが、やはりデリケートゾーンのムダ毛が邪魔になっているのは事実。

介護脱毛とNHKでは言ってませんが、これを見る限り、将来介護される可能性を考えると介護脱毛をしておけばかなりお世話してくれる人の負担を減らす事になります。

 

きれい40ty
介護脱毛にNHKは直接触れてないのですが、どちらにしても清潔にしておく、負担を軽くするために早いうちにVIOだけでも脱毛することをおすすめします。

介護脱毛の料金や相場について

介護脱毛の料金や相場について調べてみました。

介護脱毛の料金や相場

通常と同様、介護脱毛も施術をする場所によって料金は大きく異なります。

施術場所を選ぶ際ですが『サロン』なのか『クリニック』なのかを決める必要があります。

サロンよりもクリニックの方が、料金は高くなります。

ポイント

クリニックはパワーが強いレーザー脱毛の機械を使用しているため、施術回数も少なく、短期間で介護脱毛が完了するからです。

クリニックでのレーザー脱毛は、必ず有資格者(医師・看護師)が施術をしていることもあり、料金は高くなります。

サロンとクリニックの違いで料金の差はあるようですが、一般的に介護脱毛の料金は、1回の料金ではなくコースで料金提示してあることが多いです。

介護脱毛の料金は6 回コース【5〜10万円】が相場のようです。

ちなみに、永久脱毛が可能なのは、レーザー脱毛ができるクリニックです。

きれい40ty
介護者の負担を減らすための脱毛なので、介護脱毛は料金が高くなっても永久脱毛をおすすめします。

介護脱毛の良くある質問

介護脱毛の良くある質問と答えです。

介護脱毛の良くある質問と答え

Q. 介護脱毛を受けるのは美容と医療、どちらが良いですか?

A. 美容・医療、どちらでも自分に合った方で始めてください。

 

Q. 介護脱毛を受けるのに必要な事は何ですか?

A. まず無料カウンセリングを受ける必要があります。その際、介護脱毛をしたいという必要はないのですが、どこを脱毛したいのか、費用はいくらなのかなどをスタッフさんと相談してください。

 

Q. 介護脱毛は男性も必要ですか?

A. 女性ほどではないのですが、男性でも介護脱毛を受ける人は増えています。

男性の方がムダ毛が濃いので、介護脱毛を受ける事をおすすめします。

 

Q. 介護脱毛の費用はいくらですか?

A. 各脱毛サロン、医療クリニックによって料金の設定が違います。

上記のおすすめ医療脱毛、美容脱毛を参照してください。

 

Q. 介護脱毛は病院でも行っていますか?

A. 介護脱毛は病院ではなく、美容皮膚科や医療脱毛クリニックで行っています。

介護脱毛のまとめ

介護脱毛のまとめです。

介護脱毛は40代女性におすすめです

40代女性に介護脱毛を受ける人が増えてきている事、介護脱毛におすすめの医療脱毛・美容脱毛をご紹介しました。

介護脱毛は、介護される側・介護する側両方を考えてもおすすめです。

 

そして、介護脱毛は何も介護を受ける可能性を考えて受けた方が良いだけではありません。

先にも触れたのですが、40代女性が介護脱毛を受けると、以下のようなメリットがあります。

 

  • 今後ムダ毛の処理の必要がなくなる
  • 顔脱毛をすれば肌トーンが明るくなり若々しく見られる

全身のお肌もつるすべ肌になり、見られても恥ずかしくなくなります。

 

きれい40ty
40代女性も全身脱毛してきれいになっちゃいましょう!

Copyright© きれい40ty , 2020 All Rights Reserved.