40代女性が美しく・かわいく生きていくための情報を発信しています。

きれい40ty

女性用育毛剤の成分と特徴

女性用育毛剤の成分と特徴~40代女性の薄毛・抜け毛にはこれを選べば間違いなし!

更新日:

女性用育毛剤の成分と特徴をお伝えします。

40代女性の薄毛・抜け毛に効果がある女性用育毛剤の成分です。

女性用育毛剤の成分と特徴

女性用育毛剤の成分と特徴をご紹介します。

女性用育毛剤に使われる成分と特徴

ここでは40代の薄毛・抜け毛に効果のある女性用育毛剤の成分と特徴を簡単に説明します。

青いリンクをクリックするとその成分の詳細が読めるので参考にしてください。

成分名特徴
センブリ頭皮の血行促進、抗酸化作用、抗炎症作用、毛根の細胞分裂の活性化、消炎鎮痛作用
グリチルリチン酸ジカリウム抗炎症作用、抗アレルギー作用、殺菌作用
酢酸DL-α-トコフェロール抗炎症作用、血流の促進・代謝向上、毛母細胞の活性化、抹消血管拡張、血行促進
ミツイシコンブ血行促進作用、発毛因子「FGF5S」の生成、高い保湿効果
塩酸ピリドキシン頭皮環境の改善効果、抗炎症作用、フケや痒みを抑制する作用
エビネエキス血行促進作用、毛母細胞を活性化作用、抗炎症作用、フケや痒みの抑制や緩和
フルボ酸頭皮の血行促進、抗酸化作用、細胞の活性と再生、代謝機能の促進、免疫力の向上、アレルギー制御
リデンシル頭皮炎症抑制、毛乳頭の細胞を活性化、代謝促進効果
ピロクトンオラミン殺菌・抗酸化・頭皮の過剰分泌の抑制等の効果、フケ予防効果、真菌の殺菌効果
パントテニルエチルエーテル毛根幹細胞の生成、保湿作用、抗炎症効果、フケ・かゆみ軽減
きれい40ty
きれい40tyでは、40代女性向けの女性用育毛剤のおすすめ人気ランキングではこれらの成分が配合された女性用育毛剤をご紹介しています。 合わせて下のランキングもチェックしてみてくださいね。

↓↓↓

40代女性の育毛剤おすすめ人気ランキング5選!薄毛と抜け毛に効果のあるものを厳選

40代女性の髪はまだまだ生まれ変われます。

女性用育毛剤の成分~センブリエキス

女性用育毛剤の成分、センブリエキスの効果について、お話していきたいと思います。

女性用育毛剤の成分、センブリエキス

センブリエキスは今や多くの女性用育毛剤に配合されているお馴染みの成分です。

センブリエキス成分の特徴や効能については意外に知られていないようです。

  • 血行促進
  • 抗炎症
  • 毛根の細胞分裂の活性化
  • 抗酸化作用
  • 消炎鎮痛作用

といった、代表的なセンブリエキスの5つの効果について、それぞれ具体的にお話していきます。

血行促進

まず最初はセンブリエキスの血行促進の効果についてです。

血行促進とは、血液の循環によって頭皮にも育毛に必要な栄養を運搬する働きのことです。

何らかの理由で頭皮の血行不良が起きますと、抜け毛や薄毛の原因になりやすくなります。

センブリエキスには、そうした時に血行を促して抜け毛・薄毛を防止する効果があるのです。

女性は若くても無理なダイエット等が原因で頭皮の栄養が不足しがちですので、大変貴重な成分であると言えます。

抗炎症作用

次はセンブリエキスの抗炎症作用の効果についてです。

センブリエキスには、毛髪の成長を阻害する頭皮の炎症を防ぐ効果もあります。

頭皮には何らかのトラブルによって、毛穴詰まりや痒みや炎症が起きやすくなる場合もありますが、センブリエキスにはその予防効果があるのです。

毛根の細胞分裂の活性化

次は毛根の細胞分裂の活性化についてです。

毛根にある細胞=毛乳頭細胞は、毛母細胞から栄養を受け取る役割の育毛に深く関わる細胞であり、センブリエキスの成分にはこの毛乳頭細胞の働きを活発にして、発毛を促す効果があります。

抗酸化作用

4つ目は抗酸化作用の効果についてです。

頭皮は毛で覆われている部分であることから見落とされがちですが、肌とつながっている部位です。

見えている肌と同様に、紫外線やストレス等が原因となって酸化しやすくなります。

酷くなると活性酸素の増加によって、老化の原因となってしまいます。

センブリエキスには、この酸化を抑えつ抗酸化作用もありますので、アンチエイジングの効果もあります。

消炎鎮痛作用

最後は消炎鎮痛作用についてです。

センブリエキスには炎症を抑えるだけでなく、そこに痛みが伴った場合でも、その痛みを緩和する鎮痛作用もあり、肌トラブルの解決にも大いに役立ちます。

 

ちなみにセンブリエキスは更に幾つかの成分に分類されて、各々別の働きを担っています。

抗炎症効果スウェルアマリン
抗炎症と抗酸化作用キサントン
抗酸化作用ゲンチオビクロシド
抗腫瘍作用トリテルペンとトリペルテノイド
血行促進作用スウェルチアニンとスウェルチアノリン
消炎鎮痛作用スウェロシド
毛乳頭細胞増殖促進作用アマロゲンチンとアマロスウェリン

最後に、女性用育毛剤の成分・センブリエキスを配合している女性用育毛剤を紹介します。

女性用育毛剤の成分~グリチルリチン酸ジカリウム

女性用育毛剤の成分、グリチルリチン酸ジカリウムについてお話していきたいと思います。

女性用育毛剤の成分、グリチルリチン酸ジカリウム

グリチルリチン酸ジカリウムは、グリチルリチン酸2K・グリチルリチン酸K2・グリチノンK2等の別称もあり、甘草から抽出される誘導体となっています。

甘草は漢方でお馴染みの薬用植物であり、気管支系の疾患に効果のある薬草として、長い歴史と評価を確立しています。

また医薬品としては慢性肝炎・抗アレルギー薬・風邪薬に使われています。

グリチルリチン酸ジカリウムは女性用育毛剤の成分としては、抗炎症や抗アレルギー作用の効果を期待され活用されています。

抗炎症作用があることでニキビ薬等にも活用されています。

それは炎症を伴う赤ニキビの症状に最も効果があると言われているからです。

ニキビの症状の原因の1つに皮脂の過剰分泌ということがあります。

同じく頭皮の乾燥による薄毛や抜け毛の原因も皮脂の過剰分泌です。

その抑制効果を期待されて、女性用育毛剤にも活用されるようになったという経緯があります。

またグリチルリチン酸ジカリウムは、殺菌の効果もあるため頭皮の雑菌の繁殖を抑制し、頭皮を清潔な状態に保つ働きも持っています。

ちなみに頭皮の皮脂の過剰分泌は、シャンプーの際に爪を立てて洗って頭皮を傷付けたり、ゴシゴシ力を入れて洗ったり、1日に複数回洗ったりする等の間違った洗髪方法によっても起きますから、シャンプの仕方を改めるだけでも効果はあります。

またこの成分には、皮ふに合わない洗浄力の強すぎる添加物の多いシャンプーの使用によるアレルギーや肌荒れの症状を改善し、炎症を防いで頭皮の状態の整える効果もあります。

頭皮の雑菌の繁殖の抑制はフケや痒みも防ぎ、脂性タイプのフケの人にも、乾燥タイプのフケ症の人の症状にも有効に働きます。

また脂漏性皮ふ炎や乾燥性湿疹の予防効果もあります。

グリチルリチン酸ジカリウムにはインターロイキン-12という名前の細胞性免疫効能を活発にする、マクロファージの作るサイトカインを活性化する働きもあり、感染症予防効果やNK細胞を活性化する働きもあるので、かなり万能な成分ということが出来ます。

抗アレルギー作用によって頭皮のバリアを強化することも可能ですから、40代女性の抜け毛や薄毛になりにくい丈夫な頭皮にすることも出来るのです。

女性用育毛剤の成分~酢酸α-トコフェロール

女性用育毛剤の成分、酢酸DL-α-トコフェロールついて、お話していきたいと思います。

女性用育毛剤の成分、酢酸DL-α-トコフェロール

この成分は女性用育毛剤の成分の中では、抗炎症作用や血流の促進・代謝向上等の効果が期待されている成分です。

頭皮の血行不良は頭皮を固くしてしまい薄毛の原因となりやすいのですから、血流の促進をすることによって、髪の毛に必要な栄養素を頭皮に運びやすくしてくれるのです。

また抗炎症作用は、頭皮の皮脂分泌による炎症や毛穴詰まりの症状に有効に働きます。

こういったことは40代女性の抜け毛の対策となりやすいため、とても貴重な成分と言えます。

またこの成分は、髪の生え変わりのヘアサイクルを自然なサイクルに整えて頭皮の清潔を維持し、髪の毛の生えやすくなる環境作りにも大いに貢献します。

頭皮の血行不良の原因と成るのはホルモンバランスの乱れや生活環境・ストレス等ですので、そのためにもなくてはならない成分です。

そのことから多くの女性用育毛剤に活用されており、代表的なものとしてはベルタ育毛剤・マイナチュレ(mynature)等の女性用育毛剤に、主な成分として配合されています。

また女性用育毛剤だけでなく、美容液や化粧水等のスキンケア用品に活用されていることからもわかるように、アンチエイジング効果もあります。

肌の延長上にある頭皮のケアにも有効な成分なので、頭皮の環境を清潔に保つ美容効果もあります。

そしてその他にも、加齢による薄毛や抜け毛の原因となる抗酸化作用もあるため、女性用育毛剤には更に活発に活用されるようになってきています。

この成分はα-トコフェロールを酢酸エステル化して作られるビタミンEであり、酢酸dl-α-トコフェロール(dl体)と、酢酸d-α-トコフェロール(d体)に分けられている、酢酸α-トコフェロールの1つです。

これは人間の皮ふにも存在している成分でもあり、身体の中でビタミンEのトコフェロールになります。

また毛母細胞の活性化・抹消血管拡張・血行促進等の効果効能もあり、育毛には欠かせない効果を網羅した成分であると言えると思います。

女性用育毛剤の成分~フルボ酸

女性用育毛剤の成分、フルボ酸について説明します。

女性用育毛剤の成分、フルボ酸

女性用育毛剤「RiJUN」(リジュン)の主成分「フルボ酸」。

女性の髪にハリとコシを取り戻すために作られたRiJUNの中でのフルボ酸は、高い成分伝達力で話題となっており、頭皮に栄養を届ける貴重な成分として特許も出願中

次世代の女性用育毛剤成分として大きな期待が寄せられているリデンシルと共に、二大有効成分となっています。

フルボ酸とは森の土壌の中に存在している有機酸の1つであり、イオンの力でカルシウムやマグネシウム等のミネラルを植物に届ける浸透力が注目を集めている成分です。

この栄養素を運ぶ浸透力に着目され、ヘアケア剤に使用されたものと思われ、女性ホルモン等のバランスの変化によって届きにくくなった、しっかり頭皮に届けてくれます。

フルボ酸は元々植物が自然の力で分解された際に、土や海底に少しづつ生み出されている成分であり、10年かかってやっと約1cmだけ堆積すると言われています。

これらのことが判明したのは、腐植酸を研究していた或る大学の先生の研究の中であり、しかも意図することなしに偶然見出されたことだそうです。

そのためスカルプケア業界では、ダイヤの原石に近い存在であるとされています。

フルボ酸は植物が倒木や枯死等の状況に展開した後、微生物の力で長い年月をかけて分解されたものから取り出すものなのですが、スカルプケアに採用するについては、多くの条件をクリアする必要がありました。

即ちフルボ酸と金属とを安定的に結合し、植物や生物の中に取り込みやすくする働きや、土壌の栄養を山から川や海に運び出し、海藻や微生物・魚等に届ける即ち運び出して届ける力が、スカルプケアにフィードバックする実験を行う中で、段々に成果が得られてきたものなのです。

女性用育毛剤の成分~リデンシル

女性用育毛剤の成分、リデンシルについて説明します。

女性用育毛剤の成分、リデンシル

リデンシルは「RiJUN」(リジュン)のもう1つの主成分であるフルボ酸と並んで、次世代のヘアケア成分の1つです。

リデンシルは、話題に上るような有名成分キャピキシルの約2倍のパワーを発揮すると言われており、スイスのインデュケム社という会社の開発によって作られ、誕生したスカルプエッセンスなのです。

世界規模の化粧品原料展示会に於いて銀賞も受賞しており、国際的にも注目を集めている成分と言えます。

「RiJUN」(リジュン)に含まれているリデンシルやフルボ酸の働きをサポートする成分として、リンゴ果実培養細胞エキス・マタタビ抽出液・甘草エキス等のナノ化された成分が、それぞれ髪の悩みの根源にアプローチし、加齢によって落ち込んだ女性らしさの源にも影響を与えて、ハリやコシのある健康な髪にしてくれます。

ちなみにリンゴ果実培養細胞エキスは長寿で知られている希少品種のリンゴから、PCT(フィトセルテック)と呼ばれる特殊な技術により抽出したエキスであり、毛包幹が長生きしやすい環境を作る働きを持っています。

マタタビ抽出液は、太陽によるダメージに対抗できるスキンケアにも美容成分として、毛髪が外的ダメージによって透明化し、ツヤを失う現象(カルボニル化)の働きへの研究に利用され、トンガ王国産の天然モズクから採取したリムベール(フコイダン)は、保護・補修・結合を司る保湿成分となっています。

また甘草エキスは環境とめぐりの改善で髪にハリとコシを取り戻す働きを持ち、濃縮蔓根イソフラボンの抽出濃縮したものも配合しています。

女性用育毛剤の成分~塩酸ピリドキシン

女性用育毛剤の成分、塩酸ピリドキシンについてお話していきたいと思います。

女性用育毛剤の成分、塩酸ピリドキシン

塩酸ピリドキシンは女性用育毛剤以外にも多くの用途に用いられている成分です。

血液中のヘモグロビンを作る働きもあることから貧血の治療薬に利用されたり、口内炎の治療薬にも活用されたりしています。

アボカド・バナナ・ピーナッツ等に含まれているビタミンB6でもあります。

以上のことから塩酸ピリドキシンは血を作るビタミンとも言われ、貧血を解消されて体内を循環する血液の量が増え、栄養を含む血液が頭皮の毛細血管を通して毛根に運ばれていくのです。

毛根では毛乳頭細胞が栄養をキャッチし毛母細胞に細胞分裂の指示が出されます。

この時の塩酸ピリドキシンの効果は血液の量を増やす効果によって、髪の成長をサポートするというものになります。

またその他にも頭皮環境の改善効果や抗炎症作用、フケや痒みを抑制する作用もあるため、育毛環境を整える働きもあるのです。

シャンプー剤の刺激や皮脂過剰による雑菌の影響等が原因で起きる頭皮の炎症は、本人が気づかずに起きてしまうことが多いのだそうですが、塩酸ピリドキシンはこのような炎症も抑えて、毛根へのダメージを防いでくれます。

またフケの大量発生は毛穴詰まりの原因となります。

特に皮脂過剰な人のフケは皮脂や汗等のからみ合いによって、角栓様の物質を形成してしまい、毛穴に詰まって脱毛の原因となります。

脂漏性脱毛症が起きやすくなり、痒みがあって羊皮を掻いてしまうことでも、頭皮には傷がつきやすくなります。

塩酸ピリドキシンは、これらの頭皮環境を悪化させやすい原因による症状を緩和する効果もあるのです。

塩酸ピリドキシンは育毛剤の成分として使用する場合は体内への吸収は殆どありません。

配合されている量も僅かですので副作用の心配は全くありません。

またサプリに配合されている場合には、もし指示された量より摂り過ぎると胃腸系のトラブル原因になってしまいます。

必ず説明書通りの摂取量と飲み方をするようにしてください。

ただそれでも水溶性ビタミンとして体外に排泄されますので、あまり大袈裟に考える必要はないと思います。

女性用育毛剤の成分~エビネエキス

女性用育毛剤の成分、エビネエキスについてお話していきたいと思います。

女性用育毛剤の成分、エビネエキス

エビネエキスはエビネ蘭というラン科の植物の球根に含まれている成分のことです。

元々は中国で血行促進や解毒作用のある漢方、「九子連還草(きゅうしれんかんそう)」として使われていたものです。

第117回日本薬学会に於いて、頭皮に付けると育毛効果があることが報告されたのを発端に、現在13カ国で特許を取得したとのことです。

ラン科の植物から採取出来る天然の成分として、目立った副作用もない理想的な育毛成分として注目を集めています。

エビネエキスは漢方でも用いられています。

基本的には頭皮に付けることによって効果を発揮するタイプの育毛成分であるとされ、特に女性用育毛剤の主成分として配合されています。

エビネエキスには更に、カラントサイト・グルコインディカン・トリプタントリンの3つの成分が含まれています。

カラントサイト血行促進作用があり、血行を良くすることによって頭皮に栄養を行き渡らせ毛母細胞を活性化させる作用
グルコインディカン抗炎症作用があり、抜け毛・薄毛の原因となる頭皮の炎症を抑制する働き
トリプタントリンフケや痒みの抑制や緩和の効果が有り、フケが毛穴に詰まるのを防いで、抜け毛や薄毛も予防する働き

この3つの成分の働きによって頭皮環境が整い毛母細胞が本来の働きを発揮して、健康な髪が新しく生えてくる働きをサポートをしているのです。

エビネ蘭自体は世界に広く分布していて約200種ほどの品種があります。

日本でも20種ほど自生していて、見た目の可愛らしさから園芸用としても大変人気のある花で入手もしやすいです。

しかし、エビネエキスはエビネ蘭の球根からしか採取出来ず、また採取出来る量も大変少ないとされています。

従って育毛剤の原材料として採用されているエビネエキスは、栽培されたエビネ蘭のエキスを使用していますが、それでも希少な成分であることに違いはありません。

女性用育毛剤の成分まとめ

女性用育毛剤の成分まとめ

女性用育毛剤の成分、まとめ

各メーカーで研究されたり、共同開発されたり、新しい成分が配合されている女性用育毛剤もどんどん出てきています。

そのため選ぶのも悩んでしまいますね。

40代女性の薄毛・抜け毛と言うのは加齢による女性ホルモンの減少によるところが大きいため、女性ホルモンの減少をサポート、血流の改善を促すものが良いと言われています。

ここで紹介した女性用育毛剤の成分は40代女性の薄毛・抜け毛に最適といえる成分ばかりです。

これらの成分を配合した女性用育毛剤をきれい40tyではランキングで紹介しているので、合わせて参考にしてみてください。

Copyright© きれい40ty , 2019 All Rights Reserved.